最高裁がネット上の表現にも、新聞の報道などと同水準の確実な根拠を求めたのは、ネット上でも一度損なわれた名誉の回復が難しい点は変わりないと考えたためだ。