しかしネット上では被害者が気付かない間に虚偽の書き込みがくり返されたり、反論によってさらなる中傷を招いたりするケースも多い。