「インターネット上での名誉棄損罪の成立を認めた最高裁の判断は、発信された情報が瞬時に広がり、被害も拡大しかねないネットの特性を重視したものだ。