が、なかなか真のひとり歩きに向かえない人たちを見ていると、「ああ、私は悪い人だと思われているかもしれないな」と思ってしまうのです。