どんなに自分にとって都合が悪いことであっても、「かえってよかった、そのほうがよかった」っと大肯定して生きていくのです。