こころが入っているからだを、なんとか維持していかなくてはならないという、大きな課題がそこに横たわっています。