つまり、こころの存在を信じること、お天道様は見ていらっしゃると思えることです。