独りよがりの口実は、いくらでもつけられるからです。