自分の中にいる自分自身は、自分の体がこの世にいなくなったら、いるはずもありません。自分がこの世に生きている間、自分は自分として生きていくのです。