知っていることと、わかっていること、そしてその通りにやっていることの間には、実に大きな深い谷間があるのです。