自分自身のために与えるのです。なぜなら、与えることで、いちばん喜ぶのは、自分自身のこころだからです。