結局、無条件に「はい。喜んで」という返事しかないのです。「はい。喜んで」という返事を、日常生活の中であなたを必要としてくれているまわりの人たちに、気持ちよく返すことからはじめることです。