何となく生きている、何かつかみどころがないとか、ぼんやりしているなという人は、なかなか柱になりきれないと思います。