大工さんにとってみればたいしたことではないかもしれませんが、そういう面から私は人材というのを見ているのです。