自分が連想する流れの最後が決まるかどうかはわからないけど、まずはとにかく流していくのです。