そういう意味では、世の中の大人たちが子どもたちに教えるものというのは、どうも手段のような気がします。とりあえずこうなんだよね、と。

しかも子どもが納得する形ではなくて、親が納得する形の手段を選ばせている。これは励ましであって、人生をより究極のものに近づけるための励ましでしかない場合があるのです。