ぼーっと生きていく、何も考えもしないで生きていく、これも一つの生き方かもしれませんが、人生のどこかで「何か」をしなければならないと考えることがあると思います。

何か?というと、食べていくためから出発して、何か人の役に立ちたい、人のために何かをする、社会のために何かをするということを考え始めるものです。そこで、その仕事をすることで、はたらくことによって何の成果を得ていくかということが人生のテーマになってくる、という話です。