伝統を継いでいくには地道な努力が継続されなければならない。「やめてしまおうかな」の揺れる思いを乗り越えていかなければならない。経営によく似ている。

伝統を途絶えさせるには、たった一言、「や〜めた!」で充分。