成功に近づくためには、どうしても身に付けなければならない作法がある。沈思黙考である。黙して語らず、淡々と生きることだ。淡々と振る舞うことだ。

「怒り」は強い感情である。怒ってはならない。矛先を変えよう。心に怒りをためこんではならない。まして、成功に向う時は、怒りを爆発させてはいけない。

強い感情を爆発させてしまうと、成功が音を立てて崩れていく。相手をありったけの感情のはけ口にしてしまうと、成功に向かうエネルギーは底をついてしまう。
「怒るのは当然だ」と思った瞬間に、成功は消える。