私たちは自分の背丈の、目に見える高さでものごとを見ています。目の前のいろんなものが邪魔をして、遠くまで見通すことができません。

地図や案内図を広げます。自分の現在地が分かると、この先はどうなっているかを想像することができます。どうすれば良いかが分かります。

地図や案内図を見ている私たちの目は、いったいどこにあるのでしょうか。その場所のはるか上空です。ずいぶん高いところから下界を眺めているような、そんな感じです。