(15)達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」

達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」

●まず「この自分」が - HMU 達弥西心

実践の基本の基本は、まず「この自分が喜んで生きること」です。自分が喜んで生きていいなければ、まわりの人に喜びを与えることは到底できません。

自己犠牲的精神。とっても美しいようですが、後々「自分はこれだけのことをやってきたのに」とか「これだけ我慢してきたのに」という思いにつながります。その思いをふっと持った途端に、今までの美しい自己犠牲精神はベットリとした汚いものに変わってしまいます。

●自分に足りないもの - HMU 達弥西心

自分に足りないものを自分で知るのは、案外難しいものです。もちろん、足りないものとは、目に見えるモノのことではありません。

自分に足りないもの、あるいは自分が気づいていないものを知らせてくれるのが、こころの役割です。天の意向に沿う事柄で、自分に足りないもの自分が至らないところ、自分がすべきことは何ですかと、謙虚な気持ち、おまかせの気持ちで静かに尋ねる時、自分自身のこころは明確に答えてくれます。

●沈思黙考 - HMU 達弥西心

成功に近づくためには、どうしても身に付けなければならない作法がある。沈思黙考である。黙して語らず、淡々と生きることだ。淡々と振る舞うことだ。

「怒り」は強い感情である。怒ってはならない。矛先を変えよう。心に怒りをためこんではならない。まして、成功に向う時は、怒りを爆発させてはいけない。

強い感情を爆発させてしまうと、成功が音を立てて崩れていく。相手をありったけの感情のはけ口にしてしまうと、成功に向かうエネルギーは底をついてしまう。
「怒るのは当然だ」と思った瞬間に、成功は消える。

●もう少しだけ - HMU 達弥西心

どうしても成功できないもっとも大きな理由は、障害にぶち当ったときに簡単にあきらめることである。もう少し粘ろう。もう少しだけがんばってみよう。何とかなりそうになるまで、粘ってみよう。なんとかなりそうになると、なんとかなるまで粘ってみよう。粘りが成功の最後の決め手になる。

逆境は永遠には続かない。だが逆境に屈してしまうと、逆境はいつまでも続くものだ。

明日は晴れるか雨が降るかは分からなくても、雨が永遠に振り続けることはない。雨が止むのを待つより、雨の中に飛び込んで、歩き始めよう。

虹が!

●個性と癖 - HMU 達弥西心

これが私!これが自分の個性というものだ!と胸を張って言いますが、それはただの、どうしようもない、あなたの「癖」です。

個性と癖の区別がつかない人が多すぎます。

個性はほんとうの自分自身の本性。伸ばしてあげたいと思います。

癖はあとでついた習慣です。楽しいほうへと向かってしまった積み重ねです。これは改めた方がよい。人生においてだんだん通用しなくなります。寂しくなるのは、あなたです。

素直が一番。日光を浴びて、ああ幸せ、と思えること。感謝して生きよう。硬くなってはいませんか。

●高い山に登ってみれば遠くの街まで見渡せる(4/4) - HMU 達弥西心

高い山に登ってみれば遠くの街まで見渡せます。

どの道がどの街につながっているかが、手に取るように分かります。どのようになっているかが分かれば、どうすれば良いかが分かります。

私たちが抱えている悩みは自分のこころの次元ほどの悩みです。

こころの次元を高めていけば、悩みはいつのまにか嘘のように消えていきます。

八方ふさがりでも、ふと上を見れば天井が開いていることだってあるのです。

悩みの解決法は、宇宙の法則にしたがってぐいぐいと推し進める陽転思考です。上昇指向です。それはすなわちこころの次元を高めていくことなのです。

悩みのほとんどは人間関係の悩みでしょう。

私たちが出会うべき新しい人たちは、私たちがいま立って見ている目の高さにはもういないのです。もう一つ上の次元に上がって行かなければなりません。誰かが下りてくれることを期待するのではなく、自分のほうから上がっていくのです。

●高い山に登ってみれば遠くの街まで見渡せる(3/4) - HMU 達弥西心

多くの人たちが悩みを抱えて生きています。悩みは自分の背丈の、目に見える高さでしかものごとが見えないことから生じます。目の前のいろんなものが邪魔をして、悩みの向こう側に広がっているはずの、明るい未来が見通せないのです。

悩みを抱えて右往左往していたのは、出口が見つからなかっただけのことです。

●高い山に登ってみれば遠くの街まで見渡せる(2/4) - HMU 達弥西心

私たちは自分の背丈の、目に見える高さでものごとを見ています。目の前のいろんなものが邪魔をして、遠くまで見通すことができません。

地図や案内図を広げます。自分の現在地が分かると、この先はどうなっているかを想像することができます。どうすれば良いかが分かります。

地図や案内図を見ている私たちの目は、いったいどこにあるのでしょうか。その場所のはるか上空です。ずいぶん高いところから下界を眺めているような、そんな感じです。

●高い山に登ってみれば遠くの街まで見渡せる(1/4) - HMU 達弥西心

自動車に乗っていて渋滞に巻き込まれると、なかなか前に進まずイライラします。

レジャーランドにある巨大迷路、出口が見つからずにウロウロします。

初めての土地を訪れて道に迷ってしまうと、なかなか目的の場所にたどり着けません。それこそ右往左往しなければなりません。

●誰と比べるか(2/2)

他の人より幸せになろうと思うのではなく、今の自分より幸せになろうと思ってください。他の人を蹴落として幸せになろうと願ってはいけません。今の自分を蹴落として幸せになろうと願ってください。

常に自分が基準です。比べるべきは自分です。超えるべきは自分です。ライバルはいつも自分自身です。

なぜでしょうか。どんなにがんばって生きても、どんなに誰かと争って勝っても、お天道様から見たら人間はみんな同じ人間だからです。たまたま同じ時期に横にいる、並んで生きている他の人たちと争っても、勝っても、お天道様から見たら、それは何でもないことだからです。自分の成長こそが重要なのです。

お天道様は、いつもみていらっしゃるのです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ